群馬のツアーナース日記

エンゼルケア・・・(T_T)他のスタッフが手を離せなくて1人でやった事がある方いますか?

私が働いているのは急性期の病棟なので、急変やステルペンが多いんです。
その度に病棟内がバタバタして忙しくなります。
そのような病棟で働いている以上、急変やステルペンは当たり前だと割り切っているのですが、
何度経験しても辛いと思うのが、エンゼルケアです。
日勤の時間帯にステルペンがあった時には、何人かの看護師が働いているので数人で対応しています。
しかし、夜勤の時には、スタッフの人数も減ってしまうので、1人はステルペンの対応、1人は病棟の患者さんの対応、
という状況になってしまう為かなり忙しくなります。
エンゼルケアを1人で行うのは、正直言って気分の良いものではありません。
夜中に、それも個室で亡くなった患者さんと2人きりになるんです。
それに、亡くなったばかりの患者さんは、まだ暖かさが残っていますし、長期に渡って入院していたり、
深く接していた患者さんであれば、悲しみや辛さも増してしまいます。

皆さんご存知ないかもしれませんが、亡くなったばかりの人間の身体は、ガスが排出されるので、身体が動いたり、
声が漏れたりする事があります。
そのような現象については、充分わかっているつもりでも逃げ出したくなります。
エンゼルケアが終わると霊安室に運び、葬儀屋さんが到着した時点でお見送りとなります。
私は、エンゼルケアをしている時も、霊安室の片付けをしている時も、周りをキョロキョロしながら仕事をしています。
物音などしようものなら、心臓が止まりそうな状態になります。

急性期の病棟で働くのは、いろいろな技術を学ぶ事ができるので、とてもやりがいがありますから気に入っています。
でも、エンゼルケアだけはいつまで経っても克服する事ができません。

2014年4月 9日|

検診の仕事は大変?

検診の仕事は、残業がほとんどなくて働く時間も短いので、プライベートを重視したい人にはお勧めですよ。
私は、ずっと病院で働いていたんですけど、出産した時に病院を辞めたんですね。
それで、仕事に復帰する時に、子育てを中心に働く事ができないかな〜、と思っていたところ、
友達から検診の仕事を勧められたんです。

検診は、私のように子育てをしている方や、年配の方、家族の介護をしている方などが沢山働いてるんです。
その理由は、やっぱり自分のペースに合わせて働けるところですね。
検診の仕事にもいろいろあって、早朝検診や夜間検診、それに、検診の種類によって時間帯も違ってくるんです。
自分の希望の時間に働く事ができるので、とても嬉しいですよね。

検診での看護師の仕事は、難しい事は全くありませんね。
問診やバイタルチェックや採血が主で、検診の仕事を始める前に研修があるので、
始めての方でも安心して仕事に入る事ができますよ。
このような仕事内容なので、ブランクのある看護師でも安心ですよね。
ブランクがあると、いきなり病院で働くのは不安が一杯ですけど、検診なら、基本的な仕事だけなので、
スムーズにできると思いますよ。

それに、検診の仕事はほとんどが女性ですけど、いろいろなところに移動する仕事なので、
同じ人と顔を合わせる事があまりないんですよね。
だから、人間関係で悩む事もないと思います。
気が合わない方がいて、一緒に仕事をする事になっても、毎日の事ではないので、気にしないで働く事ができるんです。
検診は、年中仕事があるわけではないので、安定していないかもしれませんが、仕事内容が楽なので、子育てが落ち着くまでは、
検診の仕事をするつもりでいます。

2014年3月 3日|

職場の福利厚生が充実していると思いますか?福利厚生は職場選びのポイントになると思いますか?

私がまだ独身だった頃には、福利厚生についてそれほど重要視していませんでしたね。
職場を選ぶ時にも、福利厚生よりも給料面を重視していました。
でも、結婚や出産を経験して家族ができた今では、福利厚生が充実している職場というのは、
どんなに優遇されているのかという事を、すごく実感していますね。
福利厚生の中でも一番重要なのが、育児休暇や院内保育園など、育児についての支援ですよね。

女性は、結婚や出産を経験すると、独身時代と同じようにはなかなか働けません。
特に、出産を経験すると、仕事を続ける事ができなくて、退職する看護師は沢山います。
でも、育児休暇や育児時間がある職場だったら、仕事を辞めなくても、その制度を使って働き続ける事ができますよね。
院内保育園があれば、子供の預け先に困らないので、安心して働く事も出来ます。

私は、今の職場を選ぶ時には、福利厚生を重視しましたね。
子育てと仕事を両立したかったので、子育て支援がどのくらい整っているのか、休日数や年休の消化率など、
いろいろチェックしましたよ。
そのお陰で、子育てしながらでも働く事ができる職場を見つける事ができたんです。
福利厚生が充実している職場は、長い目で見るととてもお得ですよね。
退職金やボーナスなど、収入面でも優遇されるので、とても大きなポイントだと思いますよ。

でも、どんなに福利厚生が充実していても、スタッフ不足などが原因で、なかなか活用できないような職場もあるので、
事前に確認する必要があります。
せっかく福利厚生が充実しているのに、活用できなかったら意味がありませんよね。
私は、今の職場の福利厚生には満足していますよ。
そのお陰で、子育てを疎かにする事なく働く事ができています。

2014年2月22日|

長患いと急死・・・。どちらも辛いけど・・・。長患いの母に家族は気が休まる時がありません。

人は誰しも必ず最後の時を迎えます。
その時は、いつどんな形で訪れるかは誰もわかりませんよね( ;´Д`)

不慮の事故で亡くなる方や、病気で亡くなる方、老衰によって亡くなる方...様々な寿命で最後の時が訪れますよね(・_・;

そんな最後ですが、やはり一番多い死亡原因は、病気による死ですよね(´・Д・)」

日本人の死亡原因は、

 1、悪性新生物 ⇒ 30.1%
 2、心疾患 ⇒ 15.8%
 3、脳血管疾患 ⇒ 10.7%
 4、肺炎 ⇒ 9.8%
5、老衰 ⇒ 3.4%
 6、不慮の事故 ⇒ 3.3%
 7、自殺 ⇒ 2.7%
 8、腎不全 
 9、肝疾患
 10、慢性閉塞性肺疾患

というように、病気による死亡がほとんどを占めているのがわかりますよね。

心疾患や、脳血管疾患では、突然の急死もあります。
悪性新生物では、急死よりもある程度の闘病期間を経て死に至るケースがほとんどですよね(。-_-。)

病気による死亡の場合、急死か長く患うか...どちらかになります。

病気によっては、本当に長期にわたり闘病生活を余儀無くされることもありますよねヽ(´o`;

急死の場合は、病気によるものだけでなく、事故死などもあります(。-_-。)

残された家族にとっては、急な出来事で、非常につらいことですよね>_<

また、病気によっては長い闘病生活は家族に大きな負担を与えることもありますヽ(´o`;

うちの母は脳梗塞を起こし、長い闘病生活を送っています。

今では、すっかり寝たきりになり、オムツ交換や食事の介助、痰の吸引など、片時もそばを離れることの出来ない状態が続いています( ;´Д`)

異食や、ベットの転落があった時期は、家族交代で付ききりでした...。酵素ドリンクの口コミがかかせませんでした。
夜も寝た気がしなくて、体調を崩した時期もありましたね(;´Д`A

介護にはお金もかかるし、体力も必要だし、精神的な負担も大きいですね。

かれこれ、10年近くの月日を介護に費やしていますが、長期にわたる介護生活って、気が休まる時がありませんね(T ^ T)

2014年2月12日|

高額医療費制度!父の治療費1000万円がたったの10万円に!この制度は本当にありがたい(T_T)

日本には、高額医療費制度があるのをご存知ですか?(´・Д・)」

日頃から、健康で病院にかかることもない!という方は、あまり気に留めない制度かもしれません(・_・;

しかし、うちはこの制度のおかげでかなり救われているんです(*^^*)

医療費って、たとえ社会保険の加入により3割負担であっても、高額の医療費になることがありますよね(´・Д・)」

入院、手術となるとかなり高額の医療費になります(−_−;)

それが、高額医療費制度という国の制度により一定の負担額を超えると、国が負担してくれる制度なんですd(^_^o)

この高額医療費制度は、年齢や収入によって負担額の上限はかわります。

私は去年、手術と2週間の入院で70万ほどの医療費が自己負担額を入れても11万で済みました^_^

高額医療費制度では、保険適用の医療費部分に適応になりますが、食事代や寝衣などの保険適用外には適応になりません。

だとしても、高額医療費制度があるのとないのではだいぶ違いますよね(^o^)

うちの父なんか、癌の治療のため手術費用と入院費用が1000万円だったのですが、高額医療費制度を利用したおかけで10万円で済んだのです。

もし、この制度がなければ、とても払い切れる金額ではありませんでした( ;´Д`)

高額医療費制度は、支払った医療費が後払いで戻ってくる制度です。クリニックで働いている看護師の日記

だから、金額が大きいと高額医療費を使うといえども、一度は支払わなくてはならず大変です(−_−;)

しかし、限度額適用認定証を事前に準備しておけば、医療機関の窓口で高額医療費制度を使った金額しか払わないで済むんです(^o^)

これは、かなり助かりますよねd(^_^o)
病気をした時、こういった制度があると本当に助かりますよね(*^^*)

2014年2月12日|

1つの職場で永年勤続したいけど・・・。人間関係が悪すぎて鬱になりそう・・・。

私は新卒で入社した公立の病院で働いて4年になります。

正直、よく4年ももったなぁ...って思いますね( ;´Д`)

看護師の仕事はハードだし、楽な仕事ではないと覚悟して看護師になりましたから、仕事のハードさは想定内でした(´・Д・)」

しかし、この人間関係の悪さは、予想以上でしたね(ーー;)

看護師の世界は、女性の多い職場ですから、人間関係が悪いということは聞いていました。単発の看護師派遣にすればよかったと後悔の毎日です。

学校だって、イジメだなんだとありますが、子供だから仕方ないんだろうって思ってました(;^_^A

しかし、大人の世界がこんなにも酷いとは思いませんでしたね(ー ー;

うちの職場には、お局と呼ばれる人達が多くいて、派閥もあります。

年配の看護師が多いんですよね。
やはり、退職金がいいから、何がなんでも定年を迎えてやる‼︎っていう意気込みを感じます(;^_^A

しかし、その年配の看護師たちがかなり牛耳っていて、若い看護師はいつも年配看護師の顔色を伺ってはたらいているんです>_<

とにかく、仕事をしたくないから大変な仕事は、全て新人に押し付けます。

新人なんだから、勉強のためだなんだと、理由をつけ働かせ、自分たちは裏でお茶のみ...(・_・;

ナースコールなんか対応してくれる事もありませんね。

若い看護師は、必死にナースコール対応しますが、遅いと怒鳴られています>_<

気に入らない看護師がいると、無視をしたり、業務連絡を伝えなかったり、ハードな業務ばかり割り振りしたり...。

少しでもミスがあると、ここぞとばかりに責めます( ;´Д`)

そんなことをしながら、ワイドショーでイジメの自殺ニュースを見ながら、最近の子供は陰湿だ、育てる親が常識がない...などと話しているんです(・_・;

よくそんな事を言えたもんだ...って呆れちゃいます(~_~;

やや退職金のことや、昇給など考えると、転職せずに今の職場で永年勤続したかったんですけどね...。

こんな職場じゃ、精神的にキツすぎて鬱になりそう...( ;´Д`)

なんだか無理そうですね(;^_^A

2014年2月12日|


自動相互リンク集 ページランク表示 PageRankLink ショッピングカート PageLink